小さく産んで大きく育てるか…

 4年前長女を妊娠した時にも耳にした言葉”小さく産んで大きく育てる”

食欲に任せて欲するがままに食べてしまう私にはかなり縁遠い話で…

妊娠中は普段より2倍いや3倍は食べてたかも(悪阻の期間を除き)

検診に行くたびに体重が3~4Kgも増え

産婦人科の先生には”こないに太って、もう知らんで”とさじを投げられる始末。

私の場合、妊娠2ヶ月ごろから6ヶ月ごろまでそれはひどい悪阻で。

食べ物が食べれない状態になり、長女の時は入院までしました。

赤ちゃんは成長していくのに私の体重は日に日に減っていき、

妊娠前の体重から5kgは減りました。

そして悪阻が治まり食べれるようになったとたんものすごい食欲で。

そうなれば、お腹の赤ちゃんもBigになるのは必然で…。

10日前に産まれたにもかかわらず3,510gという大きな男の子を今回も出産しました。

先日行った1ヶ月検診では1,74kg増の5,250kgに。

たった1ヶ月でそれは増えすぎでは???

今日、お店に来たお客さんがとても軽そうに赤ちゃんを抱いているんで、思わず

「今何ヶ月なんですか?」って聞いたら

「9ヶ月です。」と返答。

へっ????

9ヶ月???どう見てもウチの子の方がでかいんですけど????


しかも未だ5kgあるかないかですって!羨ましい!軽そう!育てやすそう!!!

自分が3,700gで生まれてチビの小太り体系だから、

生まれた時に大きいとこの子たちもそうなるんじゃないかと気が気じゃない。

小さい時に細胞の数が決まるって言うのもなんかのTVで聞いた事あるし。

こんな事を気にしているわりに、いまだに食欲旺盛だし甘いものを毎日のように食べてしまう。

全て母乳にでてしまうというのに。食欲にどうしても勝てない母を許して~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック